ウッドウォールや石壁を使って海外風にするコツ!

ウッドウォールや石壁を使って海外風にするコツ!

お部屋の雰囲気作りについては個人の好みによって分かれますが、その中でも海外風のお部屋づくりを目指している人は多いのではないでしょうか。
海外ドラマで見るようなアーティスティックな雰囲気は、洗練された空間として注目を集めています。
海外風の部屋づくりのポイントの1つは壁にウッドウォールやストーンパネルを使用することです。今回はお部屋の雰囲気を海外風にしたい方向けの内容となります。

海外風の部屋が人気の理由

日本と海外では、部屋の使い方やインテリアとのバランスがまるで違います。

日本のインテリアデザインでよく見かけるナチュラル系やモダン系も十分におしゃれですが、異国風のお部屋を作り出すことで洗練されたおしゃれを楽しめることが人気の秘訣と言えるでしょう。

海外インテリアは大ぶりなものも多いので、よりセンスが試されます。不安な方は壁から始めることでお部屋全体の雰囲気に統一感を持たせられます。

壁をウッドウォールやストーンパネルで変化させることで、日本らしい部屋から一変した海外風のお部屋に仕上げられます。

日本にいながら海外にいるようなお部屋を楽しみたいという方は多く、壁をDIYする人もたくさんいらっしゃいます。

日本人が思い描くような「こうしたらおしゃれ!」といった、狙ったおしゃれではなく、もっと自然なおしゃれ感を出すことが海外風の部屋のポイントです。

部屋にいるだけで落ち着く感覚になれることが、海外風の部屋を作る大きなメリットだといえるでしょう。

ウッドウォールを使って海外風にするコツ

ウッドウォールは海外風の部屋作りをする際に、手軽に組み合わせがしやすくおすすめです。
木の温かみのある部屋が海外にはたくさんあり、海外のマンションなどではウッドが基調となっている部屋も多くあります。
そのため海外風の部屋を目指したい人の多くは、まずウッドウォールを試してみましょう。
ウッドウォールを使う際はリビングがおすすめです。
明るめのブラウンやイエロー系のウッドウォールといえば、明るい部屋の雰囲気を出せて、ナチュラルテイストを取り入れられます。
海外の部屋はヴィンテージ感が強く出ているので、ナチュラテイストだと落ち着きと遊び心を表現できます。
ウッドウォールを使用した際は、インテリアもウッド調のものを選ぶと統一感が出ますし、ソファなど大きな家具はレザーを使用してみると、インパクトを与えることが可能です。
ウッドウォール自体が部屋全体の印象を邪魔しないので、インテリアでメリハリを作ることでより海外風の部屋になりやすくなります。

ストーンパネルを使って海外風にするコツ

ストーンパネルを使う場合は、基本的に明るめのブラウンを使用しましょう。
天然石がダイナミックに見えるため、海外の部屋でよくあるレンガ調の部屋づくりに役立ちます。
本物のレンガを使用すると材料費が高くなってしまうので、ストーンパネルを代用すると雰囲気が出て魅力的です。
寝室やデスク周りにストーンパネルを使用すると、一層重厚感のある空間を作れるので特におすすめです。
明るめのブラウンは、海外の部屋によくあるレトロ感を出せるので、インテリアコーディネートがしやすい使い方です。
デスク周りのすべてをストーンパネルで埋め尽くしてしまうと圧迫感があります。例えば壁の両端の部分だけストーンパネルを使ってみるとか、上下どちらかの部分だけを使うなど部分的な使用がおすすめです。
 

海外風の部屋作りはウッドウォールやストーンパネルで簡単!

憧れの海外風の部屋を作るためには、まず壁の印象を変えてみるとインテリア選びもスムーズになるのでおすすめです。
ウッド調やストーン調どちらも海外風の部屋作りには欠かせないものなので、どちらのほうが自分の思い描く部屋に近いか検討しながら決めてみましょう。
受付時間:09:00~18:00 (定休日:土日祝)