場所別!DIYする際のパネル選びのポイント

場所別!DIYする際のパネル選びのポイント

自宅をよりおしゃれで魅力的にしたいと思っている人はたくさんいます。
そんな時は思いきって壁をDIYしてしまうと、がらりと雰囲気が変わり新鮮でおしゃれな空間を作れるでしょう。
ウッドウォールやストーンパネルなどを使用して、部屋の印象を変えることが一番手軽に変化を得られます。
ウッドウォールもストーンパネルも色合いや作りなどさまざまな種類があるので、正直どう選べばいいのだろうかと悩むかもしれません。
そこで、場所別に選び方のポイントを紹介していくので、参考にしてみてください。
 

DIYする場所によって似合うパネルは変わってくる

DIYしたい場所は、人それぞれでしょう。
キッチンがいい、リビングがいい、寝室を変えたいなど、いろいろ希望はあるでしょうがそれぞれの場所によって、似合うパネルが違います。
もちろん、ウッドウォールもストーンパネルもそれぞれ魅力が多いですし、どのような部屋の雰囲気にも合わせることは可能ですが、自分が思い描く部屋の雰囲気に沿うような選び方をしなくてはいけません。
例えば、この場所なら壁一面の方が魅力的、この場所は一部分だけの方が良いなど、場所によっては配置にもこだわりを持たなくてはまとまりのない印象になってしまいます。まずは自身でどのような部屋にしたいかのイメージを膨らませておきましょう。
 

色や素材によって変わる印象

パネルを選ぶ時に大事にしたいのは、色や素材選びです。
ホワイト・ブラウン・イエロー・ブラック・グレイなど、様々な系統の色が有りかなり細かく分かれています。
素材もウッドにするのかストーンにするのかで、まるで印象は変わってきます。モダンな雰囲気を希望しているのか、温かみがあるほうがいいのかによって決めるようにしましょう。
色と素材によって、だいぶ部屋の雰囲気が変わってくるので、よくよく検討してみてください。
 

DIYの場所別!パネル選びのポイント

場所別に選ぶポイントをご紹介します。
ウッドウォールでもストーンパネルでも、どちらでも魅力的になるので、自分のイメージに合ったものを選んでみてください。
 

1.寝室

ウッドタイル アクセントウォール 施工事例
寝室の場合は、1日の最後に癒しの空間として落ち着ける場所です。
そのため、ストーンパネルよりもウッドウォールの方が温かみを感じ、安心感を得られます。
壁一面でも一部分でもおしゃれに仕上げられますが、落ち着いた印象を出すのであればホワイト系かグレイ系で統一するのがおすすめです。
ちょっとインパクトを出すのなら、明るいブラン系も魅力的です。
 

2.リビング

ウッドタイル アクセントウォール 施工事例

リビングは家族みんなが集まる場所なので、統一感のある雰囲気作りを意識すると良いでしょう。
ナチュラルな雰囲気を作るのであれば、ホワイト系のパネルを使用すると明るさと清潔感を出せます。
ウッドウォールであれば、壁一面に使用してもおしゃれですし、ストーンパネルを使用するのであればテレビボードの一部分だけにしてもメリハリのあるリビング作りをすることが可能です。

観葉植物などを置き、ちょっとモダンな雰囲気が出せるのはブラック系やダークブラウン系のパネルとなります。
リゾート感が出せるので、どちらかと言えばウッドウォールの方がモダンな雰囲気するには相性が良いかと思います。

3.玄関

ウッドタイル アクセントウォール 施工事例
玄関は、あまりDIYする人も少なくつい無機質な印象になってしまいがちですが、ウッドウォールやストーンパネルを使用することによって、アクセントを付けられます。
選び方のポイントとしては、玄関の色合いに合わせることです。
少しの範囲でも大掛かりなDIYでも、玄関に合っていなくては違和感があるだけなので、玄関と調和する色を選びましょう。
ウッドウォールであればヴィンテージ感を出せますし、ストーンパネルであれば重厚感や明るさを出すことが可能です。
 

ウッドウォールや石壁を使って魅力的な自宅を作ろう

壁をDIYするとなるとある程度大掛かりになるので失敗はできません。
そのため、最初の段階でどんな雰囲気にするのかを検討することが大事です。
それぞれの場所によって、魅力的なる素材や色は違ってくるので、自分のイメージに合ったものを選ぶようにしましょう。