フラットパネル施工方法|パネルラボ.com

フラットパネル施工方法

必要な道具

必要な道具

・シャープペンシル等
・軍手
・メジャー、定規 ・サンドペーパー(切断面のささくれをやすります)
・大型刃カッター・のこぎり等
・ボンド(壁・天井ボード用のものをそれぞれお勧めします)
・両面テープ

あると便利なもの

・コーキングガン(ボンドを塗布しやすくします)
・電動工具

施工上の注意点

■下地編

〇(施工可能)

・合板 ・石膏ボード ・無機質ボード

△(施工は可能だが、剥がれる可能性がある、もしくは綺麗に剥がれない可能性がある)

・壁紙(可能だがはがれる可能性がある) ・プリント化粧合板などの紙仕上げ ・塗装した面

×(施工不可)

・屋外 ・漆喰壁、土壁などザラザラした壁 ・火気、湿気の多い場所 ・施工面が曲がっている面

 

なお、基本的に1度使用したものを再度貼ることはできません

施工の流れ

1.仮置き

貼る場所を決め仮置きし、色や形状のバランスを見て、配置パターンを決定。カットが必要な場合はカットする場所に目印をつける。

2.商品のカット

・定規が動かないよう固定しながら、カッターで表面を数十回なぞります。
のこぎり、イトノコ等を使う場合、刃の細かいものを使用すると切り口のささくれが目立ちません。

・両側面に切り込みを入れ裏面をカットする際の目印をつけます。

・裏面も表面と同じように何度かカッターでなぞりカットします。

・カットした後は最後にサンドペーパーで切り口をやすり、ささくれを取ってください。

3.接着面の汚れを除去

・接着面に汚れがついていると接着が剥がれやすいので、接着面の汚れを除去し、水気を含んでいる場合は乾燥させて下さい。

4.商品の貼り付け

・両面テープをはがし商品を接着してください。

・両面テープだけでは接着が不安な場合シリコンボンドを両面テープの間に塗布、施工後にフィニッシュネイルをしてください。
(木工用ボンドなど接着力の弱いボンドは使用しないでください ※写真はイメージです)

しっかり押さえて完成です!